はじめての家族葬~野田市~

家族葬のメリットや気をつけるポイント

TOP > 家族葬情報~野田市編~ > 家族葬のメリットや気をつけるポイント

家族葬のメリットや気をつけるポイント

一昔前は葬儀は一般葬儀で故人と縁があった多くの人か参列することが当たり前とされていました。
しかし時代の流れとともやに、少子化や核家族化などや、近所との付き合いの軽減など、様々な理由から葬儀に参列できる人数も減っており、葬儀に対する考え方にも変化が生まれています。
従来のように費用をかけた大規模な葬儀ではなく、よりコンパクトな葬儀に変わりつつあり、家族葬も身近でよく耳にする存在となりました。
家族葬は家族しか参列できないというイメージがありますが、決まった定義があるわけではなく自由度が高いのも特徴です。
本当に故人との最後の時間を惜しみ、ゆっくりと落ち着いて見送りたいという時にぴったりであり、金銭面の負担も人数が減ることにより軽減させることが可能というメリットもあります。


家族葬はごく身内で執り行うことになるので、周りの目を気にする必要がなく自由なスタイルで執り行うことができるのも魅力の一つです。
会場を借りて執り行うのか、自宅で執り行うのかなどの選択肢においても一般葬儀と変わりはありませんが、音楽を流したり故人が好きだったものを飾ったりと、自由度が高いスタイルということに間違いはありません。
野田市でも家族葬を執り行うケースが増えており、家族葬のプランを扱っている葬儀業者が大半となりました。
人数や会場の大きさ、ランクがあまり変わらなければ必要となるトータル費用に違いはないと考えてしまいがちですが、実際には依頼する業者によって必要となるトータル費用には大きな差が生まれるので、複数から見積もりを取り比較をしてから決めるようにしましょう。


家族葬の場合にはあらかじめ決まった人数で執り行えると考えてしまいがちですが、当日になり参列にいらっしゃる人が現れるケースも珍しくはありません。
その場合には失礼にならないように、返礼品を準備しておくなど最低限のことは考えておかなくてはなりません。
家族葬を執り行った実績が豊富な業者ならば、様々な事態に備えているので、当日の急な会葬者にもしっかりと対応してもらえて安心することができます。
家族葬にすることを、あらかじめ知らせておく相手と取り行った後に知らせる相手などの区別をしっかりしておくことも大切です。
生前から決めている場合には後々予期せぬトラブルにならないようにするためにも、あらかじめ家族葬ということを知らせておき了解を得ておくというのも一つの手段ではないでしょうか。

次の記事へ