はじめての家族葬~野田市~

家族葬の利点と気をつけるポイントとは

TOP > 家族葬情報~野田市編~ > 家族葬の利点と気をつけるポイントとは

家族葬の利点と気をつけるポイントとは

昔ながらの葬儀スタイルとは異なり、規模が小さくごく身内のみで執り行う家族葬が、近年ではかなり人気を高めています。
人数が少ないことにより規模ももちろん小さくなるので、会場のレンタル料や飲食接待費も安く抑えることができ、金銭面であまり余裕がないという時でも、きちんと故人を見送ることができます。
会葬者に対して気を使う必要がないので、本当に別れを惜しみたいと考えている家族が、ゆっくりと別れの時間を過ごせるというのも、家族葬が選ばれている理由の一つではないでしょうか。
家族葬は執り行う側としてメリットばかりに感じてしまいがちですが、当然良い点ばかりではないので、気をつけておかないと後々予期せぬトラブルになってしまうということもあります。
リスクも考えながら選ぶべきと言えます。


家族葬で気をつけなくてはならないことが、親族や近所の人とのトラブルではないでしょうか。
親族間で価値観の違いがあると、家族葬は規模が小さくて寂しいのでかわいそうだという意見も出てくるケースが珍しくはありません。
よく話し合い納得してもらっておくべきであり、納得してもらうためにも生前に本人の口から家族葬が良いという希望を伝えさせておいたり、遺言として残しておくということもポイントとなってきます。
近所の人に関しては他人ということもあり、あまり気にしなくても良いのではないかと考えてしまいがちですが、ご近所付き合いを大切にしていたり昔ながらの考えのお年寄りも多いので、トラブルになってしまいそうな人が近くに住んでいないのかということも、あらかじめチェックしておくと安心できます。


野田市でも家族葬を選択する人が増えているということもあり、家族葬プランはどこの葬儀業者でも準備しているものとなりました。
家族葬ならどこに依頼しても問題はないと考えてしまいがちですが、業者により料金や内容には違いがあるので、よく比較しておくべきです。
家族葬は規模が小さいので、金銭面で大幅に安く済ませられると考えている人が多いですが、人数が少ないということは香典も少なかったり、ゼロということも考えられます。
そうなれば、葬儀に必要となるトータル費用は全て自腹ということになるので、結果的にイメージしていたよりも負担額が大きいということにもなりかねません。
規模が小さいからと油断するのではなく、しっかりと調べて準備しておくことが大切になってくるのではないでしょうか。

次の記事へ